信濃屋の苺大福

酸味と甘みのバランスが良い苺を限定使用し、相性の良い「ミルク餡」で包み、さらに庄内産の餅米で作った羽二重餅(はぶたいもち)で包みました。3つのコラボが絶妙です~

信濃屋の苺大福

信濃屋の苺大福


■作る様子をちょっとだけ…


いちご大福を包んでいる様子です~

いちご大福、製造中

いちご大福、製造中

酸味と甘みのバランスが良い苺を限定使用し、苺を「ミルク餡」で上を残して半包み、さらに庄内産の餅米で作った羽二重餅(はぶたいもち)で全体を包みました。
3つのコラボが絶妙~


いちご大福を包んでいる羽二重餅を作る様子です~

羽二重粉

羽二重粉

庄内産のもち米を自家挽きした羽二重粉と砂糖、水を混ぜて生地を作ります。

羽二重餅の生地を蒸すところ

羽二重餅の生地を蒸すところ

生地を蒸し枠に流して、蒸します。

蒸し上がったら、木べらで全体を均一に混ぜて、餅の腰を出して完成~↑


いちご大福の中に入っている餡煉り。
白餡に生クリームを入れたミルク餡を作る様子です~

ミルク餡、餡煉り

ミルク餡、餡煉り

白餡を火で煉り上げ、香りを残すため上がり際に生クリームを加え、
クリームに火が通り、全体が混ざれば火を止めます。

ミルク餡、煉り上がり

ミルク餡、煉り上がり

煉り上がり、鍋から上げて完成~↑


ページの先頭へ↑