信濃屋の苺大福|お取り寄せ通販OK|[普通][(超)どデカ][モンスター級]|[どデカ系]は店頭販売のみ

苺とミルク餡、羽二重餅(はぶたいもち)、この3つのコラボが絶妙ないちご大福

【特別発売】「どデカ苺大福」

この商品は店頭受取のみで、数量限定販売です。SNSで販売のお知らせをしています。予約をオススメ。通販での発送は不可です。

倍率サイズ名
2.5倍モンスター級
規格外特大サイズをまるまる1つを使用しています。
生産数は少ないし、週によっては無しもあります。
2.0倍超どデカ
3Lサイズ程度を使用しています。
1.5倍どデカ
2Lサイズ程度を使用しています。
1.0倍普通
MやLサイズを使用しています。

「どデカいちご大福」店頭受取ネット予約

この商品を店頭受取ネット予約で購入する この商品を店頭受取ネット予約で購入する

通信販売インターネット店
信濃屋インターネット店

「どデカいちご大福」店頭受取LINE受付

●普段利用しているあなたのLINEで予約受付が出来ます。
【注意】初めてLINE連絡する際は、苗字と電話番号を記載ください(ニックネームだけでは誰か分かりませんので…)
信濃屋LINEで予約受付中

この商品を店頭受取LINEで購入する

または、「LINEID・電話番号検索」で0235-23-2366を検索

「どデカいちご大福」販売を始めたいきさつ

2022年2月は、生育期の昨年12月に暖冬で巨大化したいちごになり、実が今熟れて出荷時期になったとニュースを見聞きしました。市場には、LやMサイズの出荷が少なく、大きいサイズしかない状態。市場では大きいサイズがダブつくので使って欲しい様子だし、当店では普通サイズが無くて店頭で売り切らしてしまう状態。だったら「大きなサイズを使って農家さんと市場さんを助けよう!」との思いで販売を始めました。


苺大福の販売期間 2022年からオールシーズン

11月~翌年1月上旬「とちおとめ」です

11月になり気温が下がってくると、市場に多くの品種が出回ります。
当店では、「とちおとめ」を11月~翌年1月上旬まで使用しています。。

1月中旬~ 6月中旬は、「よつぼし」です

生産量が少ないため、出荷初期に入荷しない日もあり、「よつぼし苺大福」は途切れる可能性があります。予約がオススメです。

5月初旬~7月上旬は、「かなみひめ」「あきひめ」になります

こちらも出荷量が少なく、途切れる日があるかもしれません。事前予約がオススメです。

7月初旬~11月中旬は、「サマーティアラ」になります

こちらは、夏の暑い時期に途切れたりサイズが小さい物しか出回らなくなりますが、9月を過ぎて気温が下がってくると普通のサイズの物が出回ります。

信濃屋のSNS(インスタ、ツイッター、ライン、メルマガ)に登録すると発売のお知らせが届きます。

(この商品を食べてのご感想をコメントにお寄せください。)

通販で購入する

この商品を通販で購入する この商品を通販で購入する

通信販売インターネット店
信濃屋インターネット店

主に山形県産で酸味と甘みのバランスが良い苺を使用

山形県産の「よつぼし」

主に庄内産の「よつぼし」と言う新品種のいちごで大福を作成中です。
これがまた絶品で…。ジューシーで口の中にいちごの香りが広がります。

7月初旬~11月中旬まで、山形県産品種サマーティアラを使用

山形県の夏期品種「サマーティアラ」と言う品種でいちご大福を作成中しています。
肉厚で酸味もあり、暑い夏にピッタリ!!11月中旬まで販売。秋はシャインマスカット大福も販売します。

冬期間で県産の「よつぼし」が入荷しない場合、庄内産「かなみひめ」や栃木産「とちおとめ」を使用

県産の「よつぼし」が入荷しない場合、庄内産の別品種を中心に、栃木産も使用することがあります。

相性の良い「ミルク餡」を使用

当店で数年にわたり試行錯誤を重ねて作り上げた餡で、日本産の手芒豆(てぼまめ)で作られた白餡をベースにして、風味付けとして生クリームを追加して煉り上げいてます。
苺の酸味とミルクのコク、餡の甘さが絶妙な相性の良さです。

庄内産の餅米で作った羽二重餅(はぶたいもち)を使用

苺と餡が奏でるハーモニーを邪魔しない口溶けを目指して試行錯誤を重ね、強い腰を出さない餡や苺と同じ喉越しをするように配合と作り方を決めました。
一般的に羽二重餅を作るには、もち粉や羽二重粉と称するもち米粉が販売されています。
ですが当店では、地元の大山で収穫された「ひめのもち」を自家挽きしてきめ細やかな餅粉を作り使用しています。

(この商品を食べてのご感想をコメントにお寄せください。)


作る様子をちょっとだけ…


いちご大福を包んでいる様子です~


いちご大福を包んでいる羽二重餅を作る様子です~

蒸し上がったら、木べらで全体を均一に混ぜて、餅の腰を出して完成~↑


いちご大福の中に入っている餡煉り。
白餡に生クリームを入れたミルク餡を作る様子です~




信濃屋のいちご大福のコメント

SNSへの投稿も頂けますと幸いです

 SNS 投稿方法

Google
 当店のgoogleページへの星付けとコメントも頂けますと幸いです。

Instagram
 写真投稿の際、当店のタグ「@4708.kasi」を付けて投稿

Twitter
投稿の際、当店のタグ「@4708kasi」を付けて投稿

信濃屋のいちご大福のコメントを書き込む

信濃屋のいちご大福についてのご感想のご記入は、この下にあるディスカッションの入力フォームにご記入ください。

信濃屋のいちご大福のコメントを見る