信濃屋の冬水ようかん(6本に切れてます)|全国的にも珍しい

出羽庄内の冬の風物詩、冬水ようかん

暖ったかコタツで食べるひんやり信濃屋の水ようかん

鶴岡では、冬の風物詩として水ようかんを食べる習慣があり、ちょっとした手土産に喜ばれます。
餡の風味と喉越しの良さが自慢。流し込んだ水ようかんは、6本に切れています。信濃屋では夏の水ようかんよりも餡の味わいある仕上げにしてあります。

発売時期と通信販売

発売時期は期間限定です。
11月下旬~3月程度まで

(この商品を食べてのご感想をコメントにお寄せください。)

11月も下旬になり、肌寒い日が多くなってくると当店には「水ようかんやってる?」との問い合わせが多くなってきます。
販売開始と終了は、天気や気温により様子をみてとなります。時期になりましたらお問い合わせください。また、信濃屋のSNSで発売開始のお知らせを受け取れます。

この商品を通販で購入する この商品を通販で購入する

(この商品を食べてのご感想をコメントにお寄せください。)


作業風景



お菓子のコメントを書き込む

信濃屋の冬水ようかんについてのご感想を、この下のほうにあるディスカッションのコメント欄にご記入ください。