ひな祭りのお菓子|雛菓子4種(鯛入)|初節句(内祝お返し)のプチギフトに!|市販お取り寄せ、通販OK

順位

桃の節句のかわいいお菓子は、ひな祭りの初節句の手土産やプレゼントにぴったり!!

ひな祭りは、桃の節句とも呼ばれる女の子の成長や幸せを願う節句祭りで、雛人形やお供え物をして華やかに祝います。特に、産まれて初めて迎えた桃の節句は初節句として近親者でお祝いします。
お祝いに祖父母から女の子の誕生と共に孫の成長や幸せを願いひな祭りの3月3日に合わせて祖父母からお雛様を頂いたりしますが、おひな様も豪華な7段飾りを飾ったのは昭和の時代まで…、最近の住宅事情からお内裏様とお雛様だけのコンパクトな雛飾りとなってきました。
この時期はお友達のお家にお呼ばれしてパーティーしたり、祖父母など近親者が訪れることもあるでしょう。
そんなひな祭りに鶴岡の伝統的な和菓子お雛菓子がオススメです。地元で手作りで長く愛されてきた商品ですが、2007年当店で通信販売開始以来全国から注目されるようになって来ました。鶴岡の雛菓子は「秘密のケンミンSHOW」でも取り上げられた程の珍しさ!?(笑)
特に当店謹製のお雛菓子は、おしゃれなパッケージでお菓子も可愛いとご感想頂きます。
このページでは、京都の雛菓子「引千切」や雛あられ、菱餅などとは違う独自進化を遂げた鶴岡のお雛菓子、信濃屋の御雛菓子4種(鯛入)は手土産プレゼントにぴったり!!


ひな祭りプレゼントにぴったりのお菓子

鶴岡のひな祭りは3月3日か、旧暦に合わせた4月3日のどちらかで祝います。遠く京都の文化を受け継いでいると言われる鶴岡では、野菜や果物、鯛などの縁起物をかたどり、写真のような桃の節句に似合う可愛らしくて華やかな煉切(ねりきり)製雛菓子を飾ります。桃の節句(ひな祭り)限定!初節句にどうぞ。見てかわいい、食べて美味しい、御雛菓子。お取り寄せ、通信販売OK。


信濃屋のこだわり和菓子。素材、1つ1つ手仕事で手作り

信濃屋のひな祭り菓子「おひな菓子」は綺麗なだけではなく、中餡、煉切(練切)ともにこだわった素材と煉り方で食べても美味しいです。中餡は北海道産小豆製、煉切は求肥つなぎでなめらかな口当たりです。
京都の文化薫る鶴岡で独自に進化を遂げたお雛菓子。見て楽し、食べて美味し、信濃屋のお雛菓子。伝統的な手仕事で1つ1つひな祭りの時期に合わせ手作りしています。早い方では年末のうちにご注文を頂いております。3月中旬に集中して注文が入ります。よろしければ早めのご注文を頂けますと幸いです。
2007年にネット通販開始以来、最古参で鶴岡の雛菓子販売を行っており、全国より人気となっております。


お雛菓子4種入り

信濃屋のひな祭りのお菓子「おひな菓子」
ひな祭りのお祝いにめでたいの鯛、すくすく育つ竹の子、桃の節句の桃、山形の名産さくらんぼの4種入り。
パックの大きさは横22cm、奥行14.5cm
鯛の大きさは長さおおよそ16.5cm 重さ180g(結構迫力があります)鱗(うろこ)のグラデーションがとても綺麗です。
桃、竹の子はおおよそ45gの大きさ、さくらんぼはおおよそ40gです
見て楽し、食べて美味し、信濃屋のひな祭り菓子「おひな菓子」、写真のセット4種入り。

(この商品を食べてのご感想をコメントにお寄せください。)

3月3日用(出荷時期:2月下旬)
4月3日用(出荷時期:3月下旬)旧暦3月3日用
この商品を通販で購入する この商品を通販で購入する


販売時期

この商品は生もの(煉切(ねりりきり)製)で、脱酸素剤を入れてお届けしますので、3週間程度日持ちします。
ひな祭りの時期にお雛様に飾って頂いた後にも美味しく召し上がって頂くために、下記販売時期に合わせて生産し、店頭、ネット通販にて販売しております。
価格は通販ページに掲載しております。


ひな祭りの雛壇に飾りたいかわいいお菓子のセット内容と、合わせて食べたい商品

雛菓子は、いわれのあるアイテムを組み合わせたセット販売の為、各種1個単位での販売はしておりません。

ひな祭りの雛壇に飾りたいかわいいお菓子のセット内容と、合わせて食べたい商品はこちら
通販で地方発送可 通販で地方発送可

12種は、初節句で祖父母からのプレゼントとして人気です。
8種は、お手頃サイズで人気です。
4種は、今どきの雛飾りにちょうど良いサイズで人気です。
道明寺製桜餅は、道明寺種は地元もち米を使用、桜葉は静岡産、餡は北海道小豆、国産原料のこだわり仕込み


マスコミ紹介

2019.12.17
BS日テレ「三宅裕司のふるさと探訪」鶴岡の旅にて、当店の雛菓子を取り上げていただきました。
2009.02.25
NHK総合テレビ山形県内ニュースで、鶴岡のおひな菓子生産がシーズンを向かえ盛んと題して当店を取り上げて頂きました。

2008.02.21
NHK総合テレビ山形県内ニュースで、鶴岡の伝統文化として雛菓子を取り上げて頂きました。


作業風景


 

鶴岡雛物語(庄内ひな街道)情報は平成20年現在

山形県の鶴岡は日本海沿いの庄内平野の南部、おいしい米処(ところ)に酒井家が築城した鶴ヶ岡城を中心とした城下町です。
江戸時代には、北前船で京都などの上方との交易が盛んでした。その交易品の中に雛人形や雛道具が含まれ享保、有職、古今、芥子雛などがここ鶴岡にもたらされ、文化や言葉も影響を受けていると言われています。(鶴岡では餅は丸餅(東日本では切餅が一般的)、桜餅は道明寺製桜餅(東日本では焼皮桜餅が一般的)など…)
荘内藩主酒井家をはじめ、市内の豪商によって雛人形が代々大切に受け継がれてきました。
鶴岡に観光でお越しの際はぜひご堪能ください。

・雛人形を見学できる主な施設
荘内神社宝物殿(しょうないじんじゃほうもつでん)
致道博物館(ちどうはくぶつかん)
丙申堂(へいしんどう)
松ヶ岡開墾記念館(まつがおかかいこんきねんかん)
奥湯野浜温泉 龍の湯「蔵ギャラリー氷室」(たつのゆ)
湯田川温泉 旧白幡邸 (きゅうしらはたてい)

・信濃屋以外の鶴岡市内で雛菓子を扱う主な菓子店
梅津菓子店(うめつかしてん)
うめやすとち餅だんご村
遠州屋(えんしゅうや)
太田屋菓子店 (おおたやかしてん)
鶴岡 木村屋 (つるおかきむらや)
住吉屋菓子舗(すみよしやかしほ)

 

雛菓子、鯛
雛菓子、鯛
雛菓子、みかん
雛菓子、みかん

鶴岡のお雛菓子
京都の文化薫る鶴岡で
独自に進化を遂げたお雛菓子
見て楽し、食べて美味し、信濃屋のお雛菓子