切さんしょ|師走、鶴岡の名物|通販OK|切山椒(きりざんしょ)

師走の鶴岡に欠かせない名物 切さんしょ
左が黒砂糖、右が白砂糖製で、香ばしく煎り付けた餅粉と、
味噌、山椒、砂糖、小麦粉を使い作り上げている餅菓子です。
山椒の実は、秋になると自分が近所に採りに行きますので自然な風味が楽しめます。
明治時代に東京・浅草酉の市の切山椒をヒントにして作られ始め、鶴岡市内の各店で作られるようになったそうです。
当店での表記は「切さんしょ」です。鶴岡市内の他店舗では「切山椒」と表記している店もあります。各店で味、食感、さんしょの風味が違います。お客様のお好みの味を見つけていただければと思います。

sa50

(この商品を食べてのご感想をコメントにお寄せください。)

山椒の実について
作り方の紹介

この商品を通販で購入する この商品を通販で購入する

通信販売インターネット店
信濃屋インターネット店

発売時期11月の下旬より12月の中、下旬までです


12月になると鶴岡市内のお菓子屋さんは切山椒を販売し始めます。それは、12月17日に市内の七日町観音堂で行われるダルマ市(観音様のお年夜)の名物菓子だからです。
鶴岡市観光連盟
山形観光情報総合サイト

最近ではより早くから作られるようになり、11月中~下旬より12月下旬まで販売しています。
めずらしい菓子の為、遠くへ行った友人や、家族へ季節を届ける品としても重宝され、毎年の風物詩としてニュース、新聞などに取り上げられています。
切山椒の製造のポイントは、名前の頭に付く「切(きり)」の言葉の通り、薄く延ばした餅菓子を、包丁で細く切って食べやすい大きさにする所です。
丁寧な仕事をする当店では、今も1本ずつ包丁で切っております。



作成風景 (作り方)

山椒の実について


作り方




信濃屋の切さんしょについてのご感想を、この下のほうにあるディスカッションのコメント欄にご記入ください。


上に戻る